detour-路地裏ぐるぐる写真旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

扉を探して

シャウエンでは扉を探して歩き回った。物語に出てくるような、かわいい扉がいっぱいだ。

コバルトブルー、ペールブルーや、ペパーミントグリーンに塗られた扉。素朴な木の色そのままの扉も。扉の装飾もまちまちで、扉の周りに施されたモザイクも凝っている。日本の家の扉って、面白くないなあ…。


-CANON EOS7-


  1. 2005/10/16(日) 16:29:52|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

じーっ・・・

とても小さな体だけど、じっとこちらを見つめてくる瞳が印象的だった。


-SONY DSC-L1-

フェズの路地に歩きつかれて、お茶している時に出会った。最初はびくびくと私を遠くから眺めていたけれど、こっちがじ~っと見つめていると、そろそろとこちらに出てきてくれた、好奇心旺盛な子猫。

ねえ、どこから来たの? この瞳にそんな風に聞かれたような気がした。


  1. 2005/10/13(木) 23:55:41|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

また一歩…

写真というのは、恐ろしいもので、次から次へと奥深い世界に私を誘ってきます。
先日、初めてバライタ紙を使って、モノクロプリントを行ってみました。
バライタ紙は階調がとても豊かで、美しい質感。いつも使っているRC紙と比べてみると、差がはっきりしていて、その美しい仕上がりに虜になってしまいました。

水洗処理を初めとして、一枚を仕上げるのには時間がとても掛かります。紙のお値段も高い!デジタルにおされて、通常の印画紙も生産中止及び値上げの時代ですから、バライタ紙も今後どうなるかはわからないけれど…(´・ω・`)

でも、自分でプリントをするのはとっても楽しい!今のうちに色んな紙を試してみたいなあと思います。


-CANON EOS7-

これはフェズの路地。フェズはマラケシュに比べると、声をかけてくる人は少なかったように思います(笑)


  1. 2005/10/12(水) 00:08:44|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

私は迷わなかった!

先日、鉄○ダッシュを見ていたら、モロッコが!テレビで見るフェズの迷宮は何だか懐かしい。



あ、ここ通った!とかロバがいる!…と嬉しくなりました。私もあそこを旅していたんだなあ~。私もタンジェからフェリーでスペイン行ったし!フェリー乗り場ではひどい目(たらい回しの刑)に遭いましたけどね…(`・ω・´)


-SONY DSC-L1-

この水飲み場がある広場も何回も写っていました~。放送後、友達からモロッコ出てたね!というメールが何通も(笑)見てる人多いのですね。


  1. 2005/10/11(火) 01:52:08|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

タンネリ

フェズではまずタンネリへ向かった。タンネリはなめし革を染める工場のこと。
工房から、作業場を眺める。物見台って感じなのが、ちょっと思っていた感じではなく、少し驚いたけれど。まあ観光地ですからね…。とはいっても、このタンネリの光景は圧巻。不思議な光景だ。

強烈な臭いと聞いていたけれど、タンネリの周辺がもう凄い臭いだったため、この工房に着いた時には鼻は完全に麻痺。なので全然平気だった(笑)



インディゴ、ヘンナ、サフランなど自然の植物によって、牛やラクダなど様々な革が染め上げられている。
完全な手作業で、かなりの重労働だと思います。染料は体に染み込んでいるだろうし、日差しは凄いし…。気温も昼間だと余裕で40度以上ありました。


-SONY DSC-L1-

買う気はなかったのに、ついここで、鮮やかな水色のバブーシュ(革靴)を購入…。かなりまけてもらったはずだけれど、完全にボラれていたらしい(笑)次の日、出会ったカフェのオーナーに、あそこで買っちゃダメだよ!高いからね…と言われた。早く知りたかったです…(´・ω・`)

買ってきたバブーシュはめっちゃくさい…。モロッコに行った方々の旅行記で散々臭いと言われていたのは知っていたものの、店でにおってみて(怪しい)、大丈夫やん…と思ったのが間違いだった。鼻が麻痺してる事を完全に忘れてた…。
うーん…、プライスレスですね。思い出って事で。いまだ履いてません。


  1. 2005/09/30(金) 23:25:45|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

あま~い

モロッコ滞在中、クスクスを食べたのは一度だけ…。シャウエンの眺めの良い
3階のテラスにていただきました。



しかし…ひたすら甘い!!あま~い玉ねぎに、レーズンのような実、そしてシナモン。
お菓子を食べているような気分になりました(笑)パリで食べた方が美味しかったぞ。
お店の兄ちゃんは色んな日本語を知っていて、面白い兄ちゃんでした。


-SONY DSC-L1-

このテラスでひとりぼ~っとしていると、日本人のご夫婦が階段を上がってきて驚きました。それまで全く日本人に遭遇しなかったので、小さな町の、それも小さなカフェの3階で会うとは。モロッコにいる間に遭遇した日本人はこの人達だけでした。他の時期だともっといるのかな~。

カフェでは他にも色んな出会いが。お店のオーナーの弟から、モロッコのお仕事事情を聞けたり、酔っ払いのベルベル人の兄ちゃんがシャウエンの歴史について教えてくれたり、色んな話が聞けて面白かったです。めちゃくちゃ口説いてくるのには困ったけれど…(笑)あの熱意を他に向けた方がいいと思う。モロッコの男全般に対して、ほんまにそう思う。


  1. 2005/09/26(月) 17:35:16|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

あったかスープ

モロッコで美味しかった物のひとつが「ハリラ」!
トマト味のスープなのですが、ヒヨコ豆やパスタのきれっぱしが入っていて、めちゃうまなのです…。安いし…。木のスプーンですくって食べるというのも何だかいい感じ。



再びシシケバブ…。チキンなのですが、初日に食べたチキンとは味付けが違いました。
そして、中華ちっくなお皿。モロッコの屋台とか安いお店では、中華のお皿使っている所が多かった気がします。何でだろ…。


-SONY DSC-L1-


  1. 2005/09/15(木) 00:42:53|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

切ない・・・

いまだ、ロバや馬が行き交うモロッコ。特にフェズでは狭い路地に多くのロバが行き交っていた。

道の両サイドにはお店が連なっており、店で買い物をする人、歩いている人、大きな大きな荷物を運ぶロバで、道はいっぱいいっぱい。


-CANON EOS7-
ロバは大きな荷物を背負い、鞭で叩かれつつ、前へ進む・・・。みんな伏し目がちで、疲れきった瞳。

何だか切ないのだった・・・。


  1. 2005/09/05(月) 00:38:33|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

お菓子?

マラケシュのスーク内では、オリーブの実や香辛料なども沢山売られています。
薄暗い中、ライトに照らされた色とりどりの食品たち・・・。



これは揚げ菓子のお店なのかなあ。なんか、ケバイです・・・(笑)
赤と緑・・・何で色をつけているのでしょうか。謎だ。


-CANON EOS7-



  1. 2005/09/02(金) 23:56:47|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オレンジ屋台

マラケシュのフナ広場にずら~っと並ぶオレンジジュース屋台。
お兄さんが、どんどんとオレンジを絞って、ジュースを作ってます。


-SONY DSC-L1-

おなか壊さないか、一瞬不安がよぎるも、死ぬほど暑く、ノドがカラカラ状態では
そんな不安も飛び去ります。絞りたてのオレンジジュースはめちゃくちゃうまい!!


-CANON EOS7-

毎日、オレンジジュースでビタミン摂取してました。値段も安いし。
一度だけ、ボラれましたが・・・(笑)

でも、このオレンジ屋台を見ていつも思ったのは、もっと違いを出せよ!という事。
見た目とか、全部おんなじなのが、ずら~っと並んでいるんだもん・・・。
どこを選ぶかめっちゃ迷います。


  1. 2005/09/02(金) 00:13:35|
  2. モロッコ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。