detour-路地裏ぐるぐる写真旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ご近所

ご近所をふらり。いつも通る道もカメラを持ってゆったりお散歩してみると、色んな発見があって楽しいもんです。今日は寒かったけど(雪がちらちらと降っていたのには驚き!)、昨日は何度もノラ猫と遭遇。暖かくなってきてるのかなあ・・・と感じつつ、ネコを追いかけていました。


-CANON EOS7 + FLEKTOGON35mm-
スポンサーサイト



  1. 2005/03/13(日) 23:59:23|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

コメント

お呼びでしょうか?
え?およびでない?
こりゃまたしつれい・・・てなことはおいておいて(笑)、
EOSでの絞込み測光について、僕の知ってる事を補足すると、どうやら、EOS55までは、絞込み測光でも補正無しでそのまま使えたそうです。で、EOS3ではそれがそのままでは使えなくなった(と、とあるHPに書いてありました)。
いずれにしろ、EOS7は、10D、20Dとかと同系列なのだから、おそらく補正は必要だと思います。他のHPを検索しても(10Dユーザーの方でしたが)、やはり絞り値によって、補正値が変わるという実験をなさってる人がいますので、少なくとも、EOSのこのクラスのボディーは補正は必要なのでしょう。

ここからは、僕の推論ですが、
カメラに内臓の露出計は、フィルムやCCDの上の明るさを直接計ってる訳ではなく、フィルムに行くはずの光りをかすめとったりして、「今フィルムはこんくらいの明るさかな?」と計算して露出を求めているので、その前提としてEFマウントのレンズが開放だということがある訳です。で、例えばM42マウントのレンズとは、フレンジバックも違えば、マウント口径も違う訳で、しかも、絞ってあったりすると、露出計の計測する範囲に充分光りが入らなかったり(開放だと集まりすぎたり)して、計算を誤ってしまうのではないでしょうか?
そしてカメラの機種によって、露出計の場所や計測範囲が違うのでは?

と、長い割りに説得力ない文だったりしてすいません。
rieさんの実験を楽しみにしてます(←おい!(笑))
  1. 2005/03/17(木) 00:32:50 |
  2. URL |
  3. すいふと 
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://detour.blog2.fc2.com/tb.php/150-049fbddc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。