detour-路地裏ぐるぐる写真旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

伝える

パステルカラーの壁に、たなびく洗濯物。ナザレに心を捉えられたのは
そんな素敵な路地があったから。

IMG_2601.jpg

だけど、それに加えて心惹かれたのが、ナザレのおばさま達が着ていた
伝統的な衣装。残念ながら若い人達は着ておらず、着ているのは年配の方のみ。
もしかしたら、そう遠くない未来には日常的には見られなくなるかもしれない。
代々受け継がれてきた伝統が失われていくのは、日本だけではなく、
いまの世界ではどこでも起こっていることなんだろう。

IMG_2785.jpg


スポンサーサイト

  1. 2009/06/14(日) 23:17:15|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

駆け巡る

今回訪れたポルトガルの町のなかで、一番気に入ったところ。
それはナザレという海辺の町でした。

IMG_2572.jpg

子ども達も元気いっぱいに細い路地をかけまわる、とてものんびりした場所。
路地好きにはたまりません。


  1. 2009/06/14(日) 01:27:17|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Over the Rainbow

4月のポルトガルは雨が多かった。モンサラーシュでもあいにくの雨。
降ったり止んだりの繰り返しだった。

IMG_1074.jpg

冷たい雨と風は体の熱をどんどん奪い、写真を撮る気力をも奪っていく。
けれど、ここまで来たんだからと村を歩き回っていると、
神様が素敵な贈り物をくれた。

IMG_1324.jpg

それは、アレンテージョの大地から孤を描き、空に架かる大きな大きな虹。
虹はきれいな半円を描き、大地をつないでいた。

IMG_1342.jpg

この幸運に感謝しながら、時間を忘れて虹を見つめる。
もう少しこの景色を眺めていたい…。もう少し、もう少し…。
なぜ虹はこんなにも人を惹きつけてやまないのだろうか。
思いをめぐらしていると、やがて虹は空に溶けていき、再び霧のような雨が降ってきた。


  1. 2009/06/08(月) 01:51:48|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まなざし



マルシェでいつもいいな、と思うのは、お店の人と常連さんとの楽しげなやりとり、
そして互いの日常を見守る優しいまなざし。



なんだか日本では忘れかけた、何気ない交流がここにはあるな、と思うのだ。


  1. 2009/06/05(金) 00:16:07|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

quatre

4年ぶり。そして4度目のパリ。
久しぶりに訪れたけれど、やっぱりパリが好きだ。

IMG_5252.jpg

新鮮味は全くないけれど、マルシェを歩いているだけで楽しい。晴れていればなおのこと。
お店の人達のやりとりを眺めつつ、シャッターを切る。それはとても幸せな時間。

IMG_5350.jpg


  1. 2009/06/03(水) 22:09:48|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

モンサラーシュ

ポルトガルのアレンテージョ地方に位置するモンサラーシュ。
最も美しい村のひとつとされ、絶対に訪れよう!と心に決めていた場所だった。

IMG_1574.jpg

小高い丘の上にある、世間から隔絶したかのような小さな小さな村。
バスは1日に2~3本で、土・日は運休してしまうような場所だけれど、
わざわざ訪れる価値があったと思う。私にとっては。


IMG_1290.jpg

何か見どころがあるわけでもないけれど、ゆっくりとした時間の流れ、
白い壁に石畳の路地、そして目の前に広がる一面の緑の大地。

そこで風に吹かれていると、嫌なことなんて、すべて消えさってしまう。

IMG_1678.jpg




  1. 2009/06/03(水) 01:35:00|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ポルトガル食い倒れ

旅をするなら、美味しいものがあるところがいい。
その点では、ポルトガルは最高の場所。美味しいものがいっぱいでした。

お昼時、アルファマ地区の路地に入り込み、さまよっていると一軒のお店を発見。
待っている人が外にもあふれている、にぎやかなお店。それも観光客らしき人はおらず、
地元民100%といった雰囲気。

きっとここは安くて美味しいに違いない!と感じたので、私も行列に並んでみることに。

IMG_0854.jpg

やっとのことでカウンターに座り、ポルトガル語のメニューでなんとなくオーダー。
でもその後に、隣の人が食べているメニューが気になって、気になって、お店の人に
頼んでオーダーを変更してもらいました。そしてやってきたこの一品。

IMG_0845.jpg

たっぷりのお豆さんとイカ、ソーセージの煮込み。
ホクホクの豆に、ぷりっぷりの食感のイカが合わさって、めちゃくちゃ美味い! 
素朴で、とっても優しい味わいでした。しかも安い!!
メニュー変更してもらえて、本当に良かった!(他のも美味しそうだったけど)

IMG_0851.jpg

店は大繁盛で、お店の人達は本当に忙しそう。
見てるだけで目がまわりそうなほどだったけど、お店の雰囲気がとってもよくて、
またリスボンに来ることがあれば行ってみたいな。




  1. 2009/06/02(火) 00:31:11|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。