detour-路地裏ぐるぐる写真旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パリの中の日本



日本食レストランとかもいっぱいあって、変な日本語の看板も大量に
発見しました。しょうもないと思いつつ、そんな写真を結構撮ってしまった…。

日本人街もあって、そこにあるラーメン屋にも行きました。
お客さんは日本人だけでなく、フランス人も来ているのですが、
みんなお箸の使い方がうまい!

スポンサーサイト

  1. 2004/09/23(木) 00:54:00|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アート三昧

旅に出ると、美術館めぐりをしたくなってしまいます。日本にいる時は、
あんまり行かないのですけどね。パリでも結構まわりました。

ポンピドゥー、オルセー、ピカソ美術館、エスパスサルバトーレダリ、
ヨーロッパ写真美術館、ジュ・ド・ポーム etc…。

入場料が安いのが嬉しいです。あっちは学生料金というよりも、
年齢で値段が違っていて、大抵25歳以下は半額。助かります。
ジュ・ド・ポームなんて、3ユーロでしたよ。安っ!

ジュ・ド・ポーム、かなり気に入りました。写真好きにはオススメ。
ガイドブックとかには、現代アートと書いているけど、写真専門の
ミュージアムに変わっているようでした。PENか何かの雑誌のコラム
でそんなことが書いてあったのをちらっと見た気がします。
(間違ってたらごめんなさい…。)
実際、私が行った時は、全て写真の企画展で面白かったです。アートっ
ぽい写真が多く、割と最近のアーティストの作品が多かったと思います。
意欲的な印象を受けました。こじんまりとしていてまわりやすいのも
よかったです。広い美術館ばかりじゃ疲れる…^-^;

対して、ヨーロッパ写真美術館は、モノクロ中心で渋い印象。
Marc Riboudという人の企画展をやっていて、印象深いものでした。
木村伊兵衛の写真もいっぱいあったり。ここもかなり楽しめました。

日本のミュージアムも、もっと気軽に行けるようになればいいな~。



  1. 2004/09/23(木) 00:00:00|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。