detour-路地裏ぐるぐる写真旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

写真展

写真仲間とともに、写真展を開きます。
私は何度かお休みしているのですが、colorsとしての写真展は
6回目を迎えました。時の流れの早さには驚きつつ…。
今回のテーマは"trip"。私は2009年の旅で撮影した写真を展示する予定です。

2009年12月22日(火)~27日(日) 11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)
場所:渋谷ギャラリールデコ3F

表

詳細はDMの裏面を…↓

>>click 続きを読む
スポンサーサイト

  1. 2009/11/22(日) 17:41:31|
  2. 写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

寄り道

ナザレからオビドスへ、日帰りで行く途中に立ち寄った街・カルダス。
ガイドブックに市場が見どころと書いてあったので、市場好きとしては行かねばと。



菜の花が山盛り。日本みたいに、食べるのかな・・・?



野菜に果物がいっぱい。色とりどりで楽しい。
市場は何度訪れても、飽きることがありません。


  1. 2009/09/09(水) 02:34:50|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビルバオの夜

ポルトガルから夜行バスを乗り継ぎ、スペインのバスク地方・ビルバオに向かいました。途中で色々あって、さすがにぐったり・・・・・・。ちなみに今回の旅で一番疲労したのはこの時。ホテルに着いた途端、爆睡しましたが、夜ゴハンを食べずにはいられません。



そこで、旧市街のバルへ。ひときわお客さんが多くて、ごった返していた「Victor Montes」に入りました。ありえないほどぎゅうぎゅう詰めの店内で、人をかきわけカウンターへ…。
はい、正解でした。この店は!! どのピンチョスも美味しかった! 生ハムはもちろんのこと、とろりと溶けたカマンベール、ぷりっぷりのキノコ…。



お店の人もいい感じ。やっぱりスペインのバルは最高だな・・・と実感。





  1. 2009/09/06(日) 00:16:09|
  2. スペイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

赤と緑



真っ青な空に映える、ポルトガルの旗。

緑色は誠実と希望を、赤色は革命で流された血を表しているという。
また赤は、大航海時代に新世界を発見するため冒険に出た勇気を表わす色とも。

もう8月も半ば。ポルトガルの夏も暑いんだろうなあ…。


  1. 2009/08/16(日) 14:55:45|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おさかな天国

ポルトガルは、魚介がたまらなく美味しい。
ナザレの海岸では、なんと干物づくりまでもが行われていた。

IMG_3084.jpg

日本でも見かけるような光景です・・・。こういう干物って日本だけなのかと思ってました。
日本とポルトガルの共通点のひとつですね。

IMG_3085.jpg

街中のタイルにもお魚が・・・。魚が生活になじんでいます。


  1. 2009/07/09(木) 02:33:07|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伝える

パステルカラーの壁に、たなびく洗濯物。ナザレに心を捉えられたのは
そんな素敵な路地があったから。

IMG_2601.jpg

だけど、それに加えて心惹かれたのが、ナザレのおばさま達が着ていた
伝統的な衣装。残念ながら若い人達は着ておらず、着ているのは年配の方のみ。
もしかしたら、そう遠くない未来には日常的には見られなくなるかもしれない。
代々受け継がれてきた伝統が失われていくのは、日本だけではなく、
いまの世界ではどこでも起こっていることなんだろう。

IMG_2785.jpg



  1. 2009/06/14(日) 23:17:15|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

駆け巡る

今回訪れたポルトガルの町のなかで、一番気に入ったところ。
それはナザレという海辺の町でした。

IMG_2572.jpg

子ども達も元気いっぱいに細い路地をかけまわる、とてものんびりした場所。
路地好きにはたまりません。


  1. 2009/06/14(日) 01:27:17|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Over the Rainbow

4月のポルトガルは雨が多かった。モンサラーシュでもあいにくの雨。
降ったり止んだりの繰り返しだった。

IMG_1074.jpg

冷たい雨と風は体の熱をどんどん奪い、写真を撮る気力をも奪っていく。
けれど、ここまで来たんだからと村を歩き回っていると、
神様が素敵な贈り物をくれた。

IMG_1324.jpg

それは、アレンテージョの大地から孤を描き、空に架かる大きな大きな虹。
虹はきれいな半円を描き、大地をつないでいた。

IMG_1342.jpg

この幸運に感謝しながら、時間を忘れて虹を見つめる。
もう少しこの景色を眺めていたい…。もう少し、もう少し…。
なぜ虹はこんなにも人を惹きつけてやまないのだろうか。
思いをめぐらしていると、やがて虹は空に溶けていき、再び霧のような雨が降ってきた。


  1. 2009/06/08(月) 01:51:48|
  2. ポルトガル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まなざし



マルシェでいつもいいな、と思うのは、お店の人と常連さんとの楽しげなやりとり、
そして互いの日常を見守る優しいまなざし。



なんだか日本では忘れかけた、何気ない交流がここにはあるな、と思うのだ。


  1. 2009/06/05(金) 00:16:07|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

quatre

4年ぶり。そして4度目のパリ。
久しぶりに訪れたけれど、やっぱりパリが好きだ。

IMG_5252.jpg

新鮮味は全くないけれど、マルシェを歩いているだけで楽しい。晴れていればなおのこと。
お店の人達のやりとりを眺めつつ、シャッターを切る。それはとても幸せな時間。

IMG_5350.jpg


  1. 2009/06/03(水) 22:09:48|
  2. パリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。